SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 中国の子の撫養に関する判決を日本の審判で代行
    DaisukeY (05/13)
  • 離婚相談お客様の声:偽DV・面接拒否・高額な慰藉料請求(神奈川県・33歳・男性)
    のぶ (09/09)
  • 離婚相談お客様の声(モラルハラスメント・別居後の内縁家庭に子が誕生)
    小春 (07/19)
  • 離婚相談お客様の声:偽DV・面接拒否・高額な慰藉料請求(神奈川県・33歳・男性)
    hori (06/16)
  • 未成年者略取被告事件(最高(二小)H17.12.6)
    中村美智子 (04/26)
  • いつまで我慢?
    別居中 (03/31)
  • 養育費の減額と親の義務
    アベマリ (11/15)
  • 養育費の減額と親の義務
    ヒロ (11/14)
  • びじっとの活動がNHKで放送されます!
    博多のいしばし (11/01)
  • 妻からの身体的DVから脱出し,3人の子どもの親権者として調停離婚を成立させた事例
    永吉 (10/21)
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
ブログパーツ
ツイッター
あわせて読みたい
レコメンデーションエンジン
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

行政書士阿部マリのブログまとめ 

行政書士阿部オフィスの代表阿部マリは、家族マネジメントの支援として、遺言書、相続手続き、離婚、結婚相談所、再婚支援、面会交流、家族カウンセリングの業務をしております。

遺言相談 http://webjim7.com/
男の離婚相談 http://abe-jim.com/
結婚相談所ステップ http://mgsmgs.com/
一般社団法人びじっと http://www.npo-visit.net/
<< 調査官調査の子どもへの手紙 | main | 実家依存・自己愛の強い妻との離婚(35歳・男性) >>
境界性人格障害の妻との閉ざされた世界(37歳・男性)
1.お客様の声

「仕事辞めて!じゃないと、私死ぬから」

脅しとも取れる元妻のセリフ。このセリフで私は仕方なく仕事を辞めることになりました。

在職中も、「体調悪いから、今すぐ帰ってきて」のメール。「すぐには無理」と返信すると、元妻は激怒。
帰宅するなり、説教が続きました。

仕事を辞めた後も。「体調悪いから起きて」と夜中に起こされ、家事はすべて私一人が行い、他人ともめ事があると、すべて責任をなすりつけられました。

経済的に苦しい状況が続いても、元妻は「お金は親からもらえばいい」と信じて疑わず、その交渉も私自身がおこない、毎回心苦しい気持ちでした。

元妻に強く言われて、私自身も心療内科に通いました。
「うつ状態」と診断されましたが、元妻は「そんな事言う医者がおかしい」と反論。

それでも、元妻の病状を何とかしようと、訪問看護を頼むもトラブルを起こし、やむなく中止。保健所に相談しても思うような成果が得られず、医療保護入院をさせてもうまくいきませんでした。

同居中、離婚の話が出ても、元妻は離婚を拒否。
実家に戻る事も入院する事も拒否し続けました。


途方にくれていたところ、こちらのホームページを見つけました。

「これだ!!」真っ暗闇の中で一筋の光が見えたような気がしました。

精神的に限界を感じたある日、私は勇気を出して、無料相談の申し込みをしました。

先生はしっかりと私の話を聞いてくださり、的確なアドバイスや解決策を何度もいただきました。

そして、私は別居を決行し、調停に踏み切りました。

調停というと、なんだか難しく、堅苦しいイメージをお持ちの方もいらっしゃると思います。
私自身もそうでした。

しかし実際は、男女各1名の調停委員に、こちらの話を聞いていただき、意思を伝える場所であって、初回は多少緊張はしましたが、終始和やかな雰囲気でした。

私の場合、運よく、相談開始からわずか3ヶ月で離婚が成立しました。

おかげ様で、再び希望する仕事にも就く事ができ、今は開放感でいっぱいです。

私が精神疾患について無知だった点は否めません。今回の件は人生経験のひとつとしてとても良い勉強になりました。

私と同じように、または私以上に苦しんでいる方も多くいらっしゃると思います。まずは、「相談する勇気」を持つ事からはじめてはいかがでしょうか。

2.阿部コメント
境界性人格障害の妻と夫の婚姻関係は、病人と介護者の関係でした。

交際後まもなく妻が夫の自宅に移り住む形で同棲を開始し、ほどなくして、夫は、妻から、「今すぐ仕事を辞めないと死ぬ。命と仕事のどっちが大切なのか。」と脅され、やむなく仕事を辞め、社会から隔絶された状態での生活となり入籍。

その後の婚姻生活では、妻がパニックを起こすため、外出もままならず、夫は妻の介護のためだけに人生を費やすこととなります。

境界性人格障害の妻を持つ夫ならば理解できると思いますが、日常生活において平和な状態は続かず、夫は妻の対応に苦慮し、何度も行政や病院に助けを求めましたが、妻が対人トラブルを起こすため、結局どこの支援も受けられず、夫は孤立無援状態となり、介護に捧げる人生に限界を感じて離婚を決意しました。

離婚を決意し、別居を開始してから3か月弱での離婚成立です。

とても早い離婚成立と感じるかもしれませんが、このようなケースは割とあるものです。

別居後、妻は即座に弁護士に依頼して離婚拒否の構えでしたが、精神疾患の方特有の「待てない」状態となり、夫の反応が無いことにいら立ちを覚えたようで、妻の気持ちは早期の離婚成立へと変化したのでした。
| お客様の声 | 12:47 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://blog.webjim7.com/trackback/370