SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 中国の子の撫養に関する判決を日本の審判で代行
    DaisukeY (05/13)
  • 離婚相談お客様の声:偽DV・面接拒否・高額な慰藉料請求(神奈川県・33歳・男性)
    のぶ (09/09)
  • 離婚相談お客様の声(モラルハラスメント・別居後の内縁家庭に子が誕生)
    小春 (07/19)
  • 離婚相談お客様の声:偽DV・面接拒否・高額な慰藉料請求(神奈川県・33歳・男性)
    hori (06/16)
  • 未成年者略取被告事件(最高(二小)H17.12.6)
    中村美智子 (04/26)
  • いつまで我慢?
    別居中 (03/31)
  • 養育費の減額と親の義務
    アベマリ (11/15)
  • 養育費の減額と親の義務
    ヒロ (11/14)
  • びじっとの活動がNHKで放送されます!
    博多のいしばし (11/01)
  • 妻からの身体的DVから脱出し,3人の子どもの親権者として調停離婚を成立させた事例
    永吉 (10/21)
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
ブログパーツ
ツイッター
あわせて読みたい
レコメンデーションエンジン
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

行政書士阿部マリのブログまとめ 

行政書士阿部オフィスの代表阿部マリは、家族マネジメントの支援として、遺言書、相続手続き、離婚、結婚相談所、再婚支援、面会交流、家族カウンセリングの業務をしております。

遺言相談 http://webjim7.com/
男の離婚相談 http://abe-jim.com/
結婚相談所ステップ http://mgsmgs.com/
一般社団法人びじっと http://www.npo-visit.net/
<< 浮気相手の彼女を落ち着かせる方法 | main | 境界性人格障害 >>
いつまで我慢?
【自分さえ我慢すれば丸く収まるは嘘】

妻の要求に対し、「家庭が円満にいくならば、自分が我慢すればよいと思っていた。」「これだけ奉仕をしてきたのだから、感謝してくれていると思っていた。」という夫が多いのですが、このような妻は満たされることはありません。

ますます、妻の要求はエスカレートし、10の内9の要求を満たしても1が欠けてしまうと、許してもらえず、そのことをもって、夫=加害者、妻=被害者とされてしまうことがあります。

妻は自分は被害者なのだから何をやっても許されるとばかりに、会社に執拗に電話をしてきたり、上司や社長に「夫は悪い人間だから辞めさせたほうがいい」などと言ったり、近所に夫を鬼畜以下の人間と言いふらしたりとヤリタイ放題。

夫が、会社に電話をされると嫌がることを承知の上で、「会社に電話をされたくなければ●●をしろ」などと恐喝まがいのことを言うケースもあります。

求めるだけ求めて、愛情を計り駄々をこねるようでは、幼児と同じです。

そもそも、大人同士が自分自身の選択で結婚したわけだから、婚姻生活がうまくいかないことについて片方だけが被害者となるケースは少ないものです。

一生我慢し続けることができないのであれば、キチンと話し合い、出来ること出来ないこと、許せること許せないことの線引きをすべきだと思います。


http://abe-jim.com/ 阿部マリ
| コラム | 17:38 | comments(9) | trackbacks(0) | - | - |
いやはや恐ろしい話ですね…。
僕も一度ハッキリ言っとこうかな。

いやいや、やっぱりやめとこう。
またマグカップが飛んでくる(笑)

自分(夫)がマグカップ投げつけてたら
即「DVだ!」「離婚原因だ!」と
言われてたはずです。

やっぱり妻の暴力は見逃されがち…?
最近可哀想な夫とよく遭遇するので
余計にそう思います。

可哀想な夫より(笑)

| 西田和雅 | 2006/05/27 8:31 PM |

コメントありがとうございます。

西田家のご夫婦がもめた場合には、多数の人間が仲裁に入り訳が分からなくなりそうですね。

私も間に入ってしまいそうですが。

DV案件で思うのですが、女性が加害者の場合、物で殴ることが多いように感じます。

物とは、イスやフライパン、包丁を突きつけられたという方もいます。

物を使って、手加減なく殴られるとかなりのダメージを受けますし、恐ろしいですよね。

【マグカップの場合の対処法】

マグカップが飛んできたら、うまくよけられるように練習が必要です。

間違っても、投げ返してはいけません。

訓練次第では、背後の妻の殺気を察知することができるようになるかもしれません。



| 阿部マリ | 2006/05/28 12:38 PM |

な、なるほど、
うまいよけ方ですね!

殺気は察知できるようになってきたので
今度はよけ方を徹底的に訓練します(笑)

スウェーだな、スウェー…

 マタニティブルーの妻に苦悩する夫より
| 西田和雅 | 2006/05/30 12:12 PM |

夫が子どもと同じ年代の子と付き合っていることが分かりました。夫は「妻との仲が冷え切っているので彼女に惚れた。」と言って彼女をくどいたとのこと。実際は、私が仕事で忙しいので喧嘩は確かに増えたけど、そのたび仲直りし私としては充分夫婦関係は維持出来ていると信じていました。(夫は機嫌さえ良ければ良い夫であり立派な父でした。)
彼女は激しい性格で、2股掛けていた事実が分かると私を呼び出し、私の前で夫を殴る蹴る、陶器のマグカップを投げる、しました。私はその彼女と女としてとても共感出来夫を2人で責めました。でも結局、夫はどちらにも決められない彼女と別れることが出来ないと言います。今の彼女は夫の愛を満身に受け、とても平穏で愛らしいようです。
ただ、いくら彼女に歩み寄っても、私には理解できない彼女の暴力行為。彼女はまた同じことを繰り返すかもしれないと思うのですが、どうなんでしょう?夫は何かのきっかけで股ひどい目に遭うのではないかと心配しています。
私は夫との関係がモラルハラスメントであることに分析が至り、心を落ち着け前向きに努力しようと思っています。
只、今のところ夫は私には敵意しかなく、何かに付けつらく当たるばかりで、全く出口の見えない状況です。子どもがいるので、離婚はしません。結婚してずっといろいろひどいこと言われたけどいいこともあったし、何より父をそれなりに慕っている子どもに絶対悲しい思いをさせたくないからです。いつまで我慢すれば…とよく思います。
でも私たちの関係を維持するには、私が我慢しなければとの思いでずっと自分と夫、双方を分析しながら何とかここまで二十数年やってきました。夫もいろいろを充分分析し、いろいろに感謝に気持ちを持ち、何が大事かに早く気づいて欲しいです。もう若くはないのだから…。
| ミチコ | 2006/10/12 11:24 PM |

 ミチコさんのコメント、ご主人の不倫がきっかけでいろいろでてきているものなのでしょうが・・・
ただ、男性の立場でコメントすると、お互い不満がなければ
浮気はまずしません。

私も実は浮気経験がありますが、そのきっかけは妻への不満です。当時のお相手はやはり結婚されている方で、不倫の
きっかけはご主人への不満(特に精神的、肉体的暴力)だったそうです。

私も話し合いをもたなかったわけではないのですが、何を言っても「私がすべて正しい。なぜあんたのいうこと聞かなきゃいけないの」といった調子でまったく聞き入れてもらえない。ところが自分の権利ばかり主張し、それをしなければ罵倒、あげくの果てには自分が散々私を振り回した結果、会社での出世が遅れたにもかかわらず「稼ぎが悪い、出世もできない、だめ男!!」という始末です。
そんな女性愛せますか?

拝見すると20年以上夫婦をやってこられているのならお子さんもきっと独立されているでしょう。
私はどんなに遅くとも子供が独立して自立できるところまで
育て上げれたら絶対妻とは離婚します。

第2の人生を妻とともに・・・なんてとても考えられません。
なので今から離婚に備えた準備を少しずつ進めています。
今回の内容を拝見していると、ご主人に対して愛情はあまり
ないように見受けられます。
DVな女性と一緒にいて苦しむのはご主人なのですから、残酷な言い方かもしれませんが、ほうっておいてもいいのでは?
むしろ、自分の第2の人生をしっかり考えていったほうがいいかもしれないですよ。

最後にこれはグチになってしまいますが、平成20年4月以降の離婚は夫の厚生年金の半分は自動的に妻(離婚しても)に
渡されること。
はっきりいって今の妻には私ががんばって働いてきたお金、
将来もらえるものも一切渡したくない って気持ちでいっぱいです。

| 離婚を意識する夫 | 2007/02/03 9:12 PM |

離婚を意識する夫さんへ

なるほど、私の妻とそっくりですね。

寝室の豆電球の点けわすれ、ふすまの閉め忘れ、靴が汚れている、書類に染みが付いている、などの些細な事で興奮し、何分〜何十分もしつこく罵り、親族を侮辱し、子供にまで私の悪口を吹き込む。終には私の親戚との接触まで禁止し、連絡するなら離婚する、連絡して良いかどうかは私が決めるとまで言い出しました。しかし本人は自分が全て正しい、間違った育ち方をした私を正そうとしているだけだ、それでもポカを繰り返す私こそが加害者だという態度。しかも相手の家族全員がこの態度です。これでさえ全部は書ききれていません。
この五年間は折角の家庭を壊すまいと浮気・酒・ギャンブルに走ることもせず、ひたすら自分を殺して生きてきました。しかし、先週から妻は二人の子供達と一緒に実家に帰り別居が始まっています。私は五年ぶりに親戚一同と会い、第三者にも相談し、いかに理不尽な仕打ちをされていたのかやっと気が付いた矢先、このサイトに行き着きました。
妻のしたことは教育的措置の皮を被ったモラル・ハラスメントに過ぎなかったと知っただけで十分。もうあれとは手を切ろう、自立を取り戻そうと決心しました。
厳しい戦いになるとは思いますが、離婚を意識する夫さんも頑張ってください。
| 離婚を決意した夫 | 2007/03/12 7:37 PM |

離婚を意識する夫さんも、離婚を決意した夫さんも、状況と考え方が私によく似ていて驚きました。私も不満と我慢の連続です。
 ここ1年ほどで好きな人が複数できました(もちろんプラトニック)。妻が普通であれば、そんな気持ちがあっても相手をやり過ごしたのでしょうが、お二人と似たような状況ですので、ぐっと天女のようにクローズアップされてしまいました。ただ、ふとしたことでそのうちの一人Aさんの(怒った時の)素顔を見てしまい、複雑な心境です。Bさんはまだ見ていませんが、付き合いが深くなると、いずれ近いうちに見るかもしれません。それでも好きだというなら本物の恋に発展したいなという希望(欲望?)を抱いています。2人ともバツイチ、子供も同年代。家で妻といる苦々しさと、外でAさんやBさんと会う(言葉を交わすだけで、2人とも私の相いには気付いてないと思います)だけで、平静を装ってはいますが、ときめきます。以前はチラチラと見ていましたが、できるだけ服装をキチンとして、こちらを見てほしいという気持ちです。
 夫婦仲が普通の時はそんなことは考えませんでしたが、妻の反逆と過酷な仕打ちが、私を苦しめたと思うと、妻に対して悪いとか、罪の意識など感じません。Bさんとは付き合いたいと思いますが、お互いの子供(共に中学生)が自立してから正式にと思っています。奥手の私は今の妻がアタックしてきたので、自分から意中の人にアタックすることは、関係がくずれるのがこわくてできませんでした。思えば高校生くらいの頃と変わってません。
 妻との関係改善に役立つとは思いませんが、今の私はそういう夫婦の関係を修復するよりも、新しい人と新たな出発を願っています。ある男性(中小企業社長59歳、娘二人、浮気経験あり、夜の遊びとお付き合い経験豊富。しかし非常に考え方は真面目)は、「例え連れ添う相手が変わっても、同じことを繰り返すよ」と忠告してくれましたが、Bさんと交際し(不倫?)、良ければいずれ結婚をと夢見ています。
 よろしければ、こんな私に、ご意見をお願いいたします。
| 治朗 | 2008/06/27 1:58 PM |

いろいろな方のコメント見させていただきなした。妻の立場からいわせていただくと、加害者と呼ばれている妻も苦しんでいることには何もふれられていないことが気になります。そもそもなぜ結婚下のですか?一緒に生活する中でお互いの不満が大きくなっていったんでしょうね。男性は外で仕事をして認めてもらえる場所があるのに妻はどうでしょう?家事をしてもすべてあたりまえ、いつも男性に尽くすのがあたりまえの用に思われていますよね。自分が認められず、夫は外で若い子と不倫し、それでも子供の世話をしなくてはならず・・・そんな状況で夫に優しくできますか?本当は優しくしてほしいのにその気持ちが言葉の暴力といわれる形になっていることになぜ気付いてくれないのでしょうか?男の人は女のひとに母親を
求め過ぎです。
| 加害者と呼ばれて | 2008/10/16 9:52 AM |

加害者を自認する方へ、
稼いでくるのは当たり前、家事や子供の世話も当たり前、本人はのうのうとテレビを見ているか先にぐうぐう寝ている癖に洗濯物の干し方がなっていないとか床が濡れていると怒鳴り散らす、出張費など必要経費さえも渡さない癖に自分の携帯の通話料は毎月数万円、気に入らなければ"離婚よ"、"結婚して間違えた"、"XXのだんなの方が立派だわ"etc。これも全部夫が悪いと??男女立場を入れ替えてもそういえますか?浮気なんかに興味はありませんが、叩き潰されるのは真っ平です。面白いことにこんな妻に限って離婚が現実になりだすと逆上するのですから、余程自分は何をやっても我慢してもらえると思っているようですね。
それにしても最近はモンスターワイフが増えましたね。
| 別居中 | 2009/03/31 10:50 PM |










http://blog.webjim7.com/trackback/119